okablog Written by Ryohei Okazaki

Progateで効率的に学習するための勉強方法!【結論:道場コースは難しいので飛ばしてもOK】

Web制作

本記事で学べること

  • Progateで効率的に学習したい!
  • Progateで分からないところがあったらどうすればいいですか?
  • Progateで学習するコツが知りたい!

このような疑問に答えていきます。

記事への信頼

  • Web制作で月30万稼いでいます。
  • Progateで学習経験があります。

【初心者向け】Web制作・Webデザインで稼ぎたい方必見!!おすすめのパソコン7選を徹底解説!!

それでは、さっそくみていきましょう!

0円のプログラミングスクールという近道

最近はプログラミングスクールも増えており、最初の基礎ベースを身につけるならTechAcademyの方が早いかもです。TechAcademyは1週間の無料体験があるので、これを使ってWeb制作の基礎を学ぶのもありですね。
Progateで詰まっている方は、こちらに頼って

>>>TechAcademyの無料体験はこちら

Progateとは

Progateは、オンライン上で簡単にプログラミング学習ができるサービスです。

プログラミングを全くやったことがない方でも、スライドを見ながら実際にコード書いて学べるため、初心者にもわかりやすく、非常に画期的なサービスです。

詳しくは公式サイトをご覧ください!
公式サイトはこちら

Progateのメリット

Progateのメリット

  • 実際に手を動かしながら勉強できる
  • 環境構築しなくてもコードが書ける

実際に手を動かしながら勉強できる

プログラミングは実際に手を動かして学習するのが一番覚えられるといわれています。

実際にコードを書きながら勉強できるということがProgateで学習する一番のメリットです。

Progateは、プログラミングを全くさわったことがない人でも一緒に手を動かしながらコードを書いていけるため、プログラミングの雰囲気や何となくのイメージがつかめるようになると思います。

学習を始めたばかりのときは、何をやっているのかわからなくてもとにかく手を動かしながら、Progateをすすめていきましょう!

環境構築をしなくてもコードが書ける

プログラミングでは、「プログラムが動くための環境を構築する」必要があります。

その環境構築がとても難しいのです。

そのため、プログラミングを勉強したい!と思ってもコードをかく環境を構築できないままあきらめてしまう方がとても多いです。

そこで、Progateはすでに環境構築がされた状態でコードを書くところから始めることができるので、プログラミングの楽しさを体験できるのは非常に大きいメリットです!

Progateで効率的に勉強するときの注意点

  • 暗記はNG!
  • 道場コースは難しいので飛ばしてもOK
  • 同じコースを何度もやらない

暗記はNG!

「勉強=暗記」という方がほとんどだと思います。
確かに学校のテストでは暗記をしなければだめですよね。
しかし、プログラミングはテストではないのでカンニングOKです!

僕自身も、目安時間3h50mのHTML,CSSコースの初級編を5,6時間かけて暗記しようとしていました(笑)
もちろん暗記はできませんでしたし、正直時間がもったいなかったなと思いました。

皆さんには、少しでも効率的に学習してほしいので、暗記しようとせずに全体の流れをつかむくらいの感覚で学習を進めてほしいです!
わからないことはググって解決すれば大丈夫なので「ググった内容がだいたい理解できるレベル」を目標に頑張っていきましょう!

ここはプログラミング学習を始めるうえでとても大切なポイントですので、必ず押さえておきましょう。

道場コースは難しいので飛ばしてもOK!

Progateをやっていると道場コースという、確認テスト的なものが出てきます。

正直、初心者の方には非常に難易度の高い内容となっていますので、ググってもわからない場合は、とばしてもOKです。

僕は道場コースに時間をかけすぎてしまいました。
今思うとそこまで完璧にやらなくてもよかったなという感じでしたので、わからなかったら飛ばしてガンガン進めていきましょう!

わからなかったら戻って確認するくらいで大丈夫ですよ!

同じコースを何度もやらない

Progateでありがちなのが完璧に覚えようとして、同じコースを何週もしてしまうことです。

正直Progateで学ぶことは基礎中の基礎ですので、同じコースで基礎ばかり固めていては成長はありません。

そのため、大体わかったら次のコースに移ってどんどん新しい知識を詰め込みましょう!

Progateで学んだ知識を実践で使うことが一番成長につながりますので、はやめにProgateを卒業できるように頑張りましょう!

先程のセクションでも解説しましたが、「ググった内容がだいたい理解できるレベル」までくれば基礎は身についているので、サイト模写などに入っていきましょう!

いろいろな言語に手を出さない

Progateには、さまざまな言語のコースが用意されているため、いろいろなコースに手を出してしまう初心者の方は非常に多いです。

僕自身もPythonやRubyなどをやりましたが、Web制作では一度も使いませんでした。

いろいろな言語をやりたくなる気持ちはわかりますが、効率的に学習するためには自分に必要な言語を事前に調べて学習することがポイントです。

Web制作ですと、HTML・CSS・jQuery余裕があったらJavaScriptくらいでOKです!

必要になったらまた戻ってくるという形で大丈夫ですよ!

どうしても独学では厳しいという方に朗報!!

0円のプログラミングスクールという近道

最近はプログラミングスクールも増えており、最初の基礎ベースを身につけるなら「プログラミングスクールの無料体験」の方が早いかもです。最近のプログラミングスクールは無料体験があるので、これを使ってWeb制作の基礎を学ぶのもありですね。

 

0円のプログラミングスクール

上記のプログラミングスクールには、無料体験があります。
その体験期間を有効活用していきましょう!

まとめ

結論

  • Progateで自分の目標に必要な言語を、ググって理解できるレベルまで上げる。
  • プログラミングスクールの無料体験で基礎を身に着ける

Progateはプログラミングの入り口的なイメージなので、ぱぱっと終わらせてサイト模写などに移れるように頑張りましょう!

このブログでは、Web制作で稼ぐための情報やSnow Monkeyの使い方について解説しています。

Progateをやり終えたあとの学習方法は、こちらの記事をチェックしてみてください↓

>>>Web制作で副業したい方必見!独学で稼ぐためのロードマップを公開。