okablog Written by Ryohei Okazaki

メタバースでできること7選【実際の事例をもとに解説】

Metaverse

悩む人「メタバースで何ができるの?どのようなビジネスにつながるのだろうか。メタバースの始め方もしりたいです。」

こういったお悩みに答えていきます。

本記事の内容

  • メタバースでできること7選!【実際の事例をもとに解説】
  • メタバースのやり方
  • よくある質問に回答

この記事を書いている僕は、メタバースを最先端で触れています。
また、Twitter(@ryohei_okazaki)やブログで情報発信もしているので、ある程度信頼性はあるかなと。

それでは、見ていきましょう!

メタバースとは?

メタバースとは、デジタル上の仮想空間といった感じ。仮想空間上でのモノの売買やコミュニケーションをとって楽しめる仮想空間自体を指す言葉です。

メタバースでできること7選!【実際の事例をもとに解説】

  • 仮想空間でコミュニケーションをとる
  • メタバースイベントを楽しむ
  • メタバースイベントを主催する
  • アスレティックやゲーム
  • ゲームや映画の世界に入る
  • デジタルファッションを楽しむ
  • NFTアイテムを飾る

それぞれ見ていきましょう。

仮想空間でコミュニケーションをとる

メタバースでは、仮想空間でコミュニケーションをとることができます。現代ではZoomを使用して会議をするのが当たり前ですが、その進化版といった感じ。

  • 会議室で集まって会議:複数人でオンラインで集まるのが難しかった時代。
  • Zoomで会議:複数人でオンラインで集まれるが伝わりにくい部分もある。
  • メタバース空間で会議:一人称視点で空間で会議ができる。会議室に集まっているのと同じイメージ。

メタバースの特徴はZoomよりもリアル感が出るということ。というのも、アバターを通じて1人称視点でコミュニケーションをとれるから。画面に自分の顔がうつると話しにくいという方も多いと思います。

また会議に限らず、オンライン飲み会やオンライン同窓会といった遊びの場面でもメタバースは役立ちますよね。

実際の事例を紹介

メタバースでのコミュニケーションは徐々に使われてきているようです。

メタバースイベントに参加する

メタバースでは、イベントに参加するといった楽しみ方もできます。実際、僕自身もメタバースイベントに参加したことあるんですよね。実際の例を見ていきましょう。

メタバースライブ

先日、三木道山さんのメタバースライブに参加してきました。アバターを通じて感情を表現できるので、実際のライブ感があって楽しかったです。

メタバース勉強会

セミナーのような感じでしたね。挙手や質問をすることができるため、大学の講義とかにも使えると思います。

メタバースオフ会

メタバースでオフ会も開催されています。NFTのプレゼンなどもしていてかなり盛り上がっていましたね。

 

すでに、メタバースイベントは盛り上がりを見せています。なお、メタバースイベントに参加するためには、Clusterというアプリが必要ですので「【簡単】Clusterの使い方を簡単解説【ワールド/アバターの作り方も解説】」を参考に始めてみてください。

メタバースイベントを主催する

メタバースイベントを主催することもできます。イベントなんて主催できないよという方でも、場所代などがかからないためコスパ良くイベントを主催できます。

メタバース空間を活用することで、イベント主催のハードルもかなり下がりました。

アスレティックやゲーム

メタバースでは、アスレティックやゲームを楽しめます。実際、The Sandboxというメタバースゲームでは、バトルゲームや謎解きなどを楽しむことができます。

なお、The Sandboxの始め方は「The Sandboxの始め方を解説【稼ぎ方・遊び方も解説】」で解説していますので参考にしてみてください。

Sandboxのプレイ動画

ゲームや映画の世界に入る

メタバースが普及することでゲームや映画の世界に入ることができます。イメージとしては「ディズニーランドのメタバース版」といった感じです。

実際、米ディズニーは、メタバース参入に向けた準備を進めているそうです。

メタバースが流行るには

メタバースが普及する一つの要因として、有名なゲームや映画の参入が必須だと考えています。そのため、ディズニーのメタバース参入にはかなり期待しています。

メタバースが流行る要因として、有名なゲームや映画などの参入が必須だと思う。というのも、ユーザーはメタバースを体験したいのではなく、有名なゲームや映画の世界観をリアルに体験するためにメタバースに興味を持つから。Switchが欲しいのではなく、モンハンがしたいからSwitchが欲しいのと同じ😙

デジタルファッションを楽しむ

メタバースでは、デジタルファッションを楽しむことができます。というのも、メタバース上の自分はアバターだから。メタバース上では、ファッションや性別まで現実世界とい違ってもいいということです。

アバターが高額で売買されている

MeebitsというアバターのNFTが約100万円ほどで取引されています。

  • 現実世界:ロレックスを高額で購入する
  • 仮想世界:アバターを高額で購入する

現実世界でも時計にこだわる人がいるように、メタバース世界でもアバター(デジタルファッション)にこだわる人がいるということですね。

NFTアイテムを飾る

購入したNFTをメタバース上に飾ることもできます。メタバース空間に自分の美術館をもつイメージです。なお、NFTを美術館を飾るのには「OnCyber(オンサイバー)」というサービスがおすすめです。

NFT×美術館も登場している

NFT鳴門美術館では、美術品やアート作品のNFT化を普及する取り組みを行っています。NFT×美術館という価値観も広がりつつありますね。

メタバースのやり方

  • 手順①:遊ぶメタバースプラットフォームを決める
  • 手順②:必要なものを準備する
  • 手順③:実際にプレイ

メタバースのやり方について解説していきます。

手順①:遊ぶメタバースプラットフォームを決める

自分の遊びたいメタバースプラットフォームを決めていきます。自分のニーズに合ったものを選択しましょう。

稼ぎたい方におすすめ

無料で始めたい方におすすめ

手順②:必要なものを準備する

どのプラットフォームを選ぶかによって必要なモノが変わってくるため、ここでは共通して必要なものを紹介していきます。

上記は用意しておきましょう。詳しくは、それぞれの解説記事を参考にしてみてください。

手順③:実際にプレイ

ここまでくれば、あとはプレイするだけです。自分の好きなように楽しみましょう!

メタバースでできることに関するよくある質問

メタバースでできることに関するよくある質問に回答していきます。

メタバースはスマホでプレイできますか?

結論、モノによります。Clusterではスマホアプリに対応しているためプレイできますが、その他のメタバースゲームでは厳しいです。というのも、スペック的に対応していないから。本気で稼ぎたい方はPCでのプレイをおすすめします。

おすすめのメタバースプラットフォームはありますか?

個人的におすすめは下記の3つです。

というのも、多くの企業や投資家から注目されているから。ゲームのクオリティも高く、無料で始められるので一度さわってみるのもありなのかなと思います。

未成年でもプレイできますか?

ほとんどの場合、プレイ可能です。

とはいえ、メタバースゲームで稼ぐためには仮想通貨が必要なので、18歳未満の方は厳しいのかなと思います。