okablog Written by Ryohei Okazaki

【徹底比較】Web制作・ブログで稼ぎたい方必見!!おすすめのレンタルサーバー4選!!

Web制作 ブログ

今回は実際にレンタルサーバーを使ってブログを運営している僕がおすすめするレンタルサーバー5選を紹介していきます。

今回はレンタルサーバーを契約したいけど何をしたらいいかわからない…。結局どこのレンタルサーバーがおすすめな?レンタルサーバーってなに?

このような疑問に答えていきます!

記事への信頼の信頼

  • レンタルサーバーを使っておかブログを運営しています。
  • Web制作を通じて20以上のWebサイトをレンタルサーバーにあげています。

それでは早速みていきましょう!

レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーとは文字通りサーバーを貸し出すサービスのことです。

「サーバー」は超簡単にいうと、サイトやメールなどの情報を保管・配信するものです。

しかし、サーバーを自分で用意するのはたいへんなので業者がサーバーを貸し出してくれているというものです。

全体像をイメージしやすいように例えると

サーバー   → 土地
ドメイン   → 住所
ホームページ → 家

このようなイメージです!

それでは、早速紹介していきます。

おすすめのレンタルサーバー4選!!

1.エックスサーバー

エックスサーバーは定番のレンタルサーバーです。

エックスサーバーのメリット

  • Webサイトの高速化が可能
  • 自動バックアップ機能付き
  • 24時間365日の手厚いサポート
  • サポートの電話がつながりやすい

エックスサーバーのデメリット

  • 初期費用が少し高い
  • プラン変更が月単位でしか変更できない

サーバーを契約すると永久無料ドメインがついてくるキャンペーンも実施しているのでおすすめです。

2021年1月21日(木)~2021年4月1日(木)の期間で実施されていますのでお早めに契約することをお勧めします。

詳しくは公式サイトで確認してみてください

Xserver Business

2.ロリポップ!

ロリポップは僕自身が愛用しているレンタルサーバーです。

ロリポップのメリット

  • 最安100円~で月額料金が安い。プラン変更も可。
  • 10日間の無料お試し期間がある
  • メール・電話・チャットサービスの満足度が94%

ロリポップのデメリット

  • サイト表示速度が少し遅い
  • ライトプラン以下はあまり使えない

ロリポップでもサーバーを契約すると無料でドメインがついてきます。

条件は

  • ライト、スタンダード、ハイスピード、エンタープライズのいずれかのプランでのご契約
  • 12か月以上の契約期間でのご契約
  • 自動更新の設定

です。

詳しくは公式サイトをご確認ください

ロリポップ!

3.ConoHa WING

ConoHa WINGは比較的新しいサーバーです。

ConoHa WINGのメリット

  • サイトを高速化し、簡単にSEO対策できる
  • 管理画面が使いやすい
  • 初期費用が無料

ConoHa WINGのデメリット

  • 無料お試し期間がない
  • 他と比べてネット上に情報が少ない

ConoHa WINGはベーシックプランなら1時間2円~使えてどれだけ使っても1ヶ月最大1,200円でご利用いただけます。 使った分だけの料金しかかからないので、月の途中からご利用を始めてもムダなコストは発生しません。

詳しくは公式サイトでご確認ください

ConoHa WING

4.mixhost

mixhostは表示速度が速いレンタルサーバーです。

mixhostのメリット

  • サーバーの速度が速い
  • 30日間の返金保証付き
  • アダルトサイトの運営が可能
  • 幅広いプランから選べる。プラン変更も即時可能。
  • 永久無料ドメインがもらえる

mixhostのデメリット

  • 電話・チャットサポートがない
  • 比較的障害に関する口コミが多い

永久無料ドメインの条件は

・12ヵ月以上のご契約で、対象ドメインが永久無料
・プレミアムプラン以上のご契約で、初回お支払い金額が半額

です。

詳しくは公式サイトでご確認ください

mixhost

結論

結論それぞれのレンタルサーバーに特徴がありメリット・デメリットを見ながら決めるのがいいと思います。

特に細かいこだわりがない方はエックスサーバーを選んでおけばOKです。

ネットにもたくさん情報が出てくるので何かわからないことがあったらすぐに解決できると思います。

レンタルサーバーを契約したらいくつかサイトをアップロードして経験を積んでいきましょう!

まとめ

今回はおすすめのレンタルサーバーを4つ紹介しました。

それぞれに特徴があり、正直どれを使っても問題なく使えると思いますのでそれぞれのメリット・デメリットを確認したうえでレンタルサーバーを契約していきましょう!

このブログでは、Web制作で稼ぐための情報やSnowMonkeyの使い方を解説していますので、ぜひほかの記事も読んでみてください!

【誰でもできる】プログラミング学習を独学で継続するために意識したこと3選!