okablog Written by Ryohei Okazaki

NFTアートの使い道とは?難易度別にわかりやすく解説

NFT

悩む人「NFTアートを購入してみたいけど購入後の使い道とかってあるのだろうか。NFTアートを購入する理由を知りたいです。」

こういったお悩みに答えていきます。

本記事の内容

  • NFTアートの使い道とは?【基礎編】
  • NFTアートの使い道とは?【応用編】
  • NFTの使い道がわかったら実際に体験してみよう

この記事を書いている僕は、NFT関連のニュースを日常的にチェックしてます。
また、Twitter(@ryohei_okazaki)やブログで情報発信もしているので、ある程度信頼性はあるかなと。

それでは、見ていきましょう!

NFTアートの使い道とは?【基礎編】

  • アートとして保有する
  • SNSアイコン

まずは、基礎的な使い道を見ていきましょう。

アートとして保有する

まずは、作品そのものが欲しくて購入するという使い道です。NFTアートが成り立つ根本には、アートとしての価値があることです。

  • 芸術家の絵画を購入する
  • NFTアーティストのNFTアートを購入する

上記は同じと言えます。消費者が欲しいと感じる理由として「この作品が欲しい」と感じるからですよね。シンプルですが、これも使い道の1つです。

SNSアイコン

NFTアートの使い道といったらSNSアイコンにすることですよね。というのも、NFTアートの消費者ニーズは、SNS上でのファッション的要素と関連しているから。事実、ファッション的要素に惹かれて購入する人が多い印象を受けます。

NFTアートは、SNS上でのブランド品といったイメージに近いです。こういった要素もNFTアート独自の価値観から生まれる使い道だといえるでしょう。

補足:TwitterがNFTアイコンに対応

TwitterがNFTアイコンに対応しました。通常のアイコンが丸い形なのに対し、NFTアイコンは六角形になるようです。こういった流れが続くと、ファッションとしてのNFTの需要も高まりそうですよね。
>>>画像のアカウントはコチラ

NFTアートの使い道とは?【応用編】

  • コミュニティの会員証
  • 現実×NFT
  • 担保として使う

それぞれ見ていきましょう。

コミュニティの会員証

NFTはコミュニティの会員証として使用されることもあります。というのも、NFTアートはコミュニティ要素が強いという特徴もあるから。今回は、特にコミュニティが盛り上がっているBAYCというNFTコレクションの事例を見ていきます。

BAYCのコミュニティが盛り上がる要因として、コミュニティ内に有名人がいたり、コミュニティのイベントが楽しかったりとコレクターにとって、コミュニティに入りたいと感じさせるような設計になっています。

BAYCの購入者の声

日本でも数少ないBAYCホルダーのマナブさんのツイートです。やはり、NFTをコミュニティのチケットとして使用する方もいるようですね。

 

現実×NFT

NFTアートを購入すると何かもらえるといったチケット的な使い道もあります。最近の例でいうと、セクシー女優と食事に行ける権利や自分専用のショートムービーを作成できる権利が販売されたという事例。

このように、NFTについてくる特典を目的にNFTを購入する人もいるようです。NFTをチケットのように使うと言ってもいいですね。個人的にこの販売方法には可能性を感じています。

おもしろそうなアイデア

  • メタバース上のスニーカーを購入すると現実世界でもそのスニーカーを購入できる
  • トレカのNFTを購入すると現物のトレカを送られてくる
  • アーティストのNFT作品を購入すると一定の確率でサインが当たる

現実×NFTという販売方法は今後も続くのかなと予想しています。というのも、生活の中心は現実世界だから。NFTが便利なツールとして使われる未来が来るとこういった事例も増えてくるのかなと思います。

担保として使う

こちらは、かなり上級者向けの話です。というのも、DeFiなどの話と関わってくるから。NFTを使って資産運用する方法を解説していきます。

高額なNFTを保有するデメリット

まずは、資産として高額なNFTを保有するデメリットから見ていきましょう。

  • 流動性が低いので、買い手がつくかわからない
  • 高額なNFTを運用できない(DeFiなどで運用すれば大きな収益を得られるかも)
  • NFTを貸し出して収益を出したいけど盗まれる可能性もあるから不安

高額なNFTは数千万~数億するものもあります。いうまでもなく資産となりますよね。こういった資産を持っているだけだと何も生まないため、NFTを担保にしてお金を借りたいといったニーズに答えるのが「NFTFi」といったサービスです。

NFTFiとは、NFTを担保にETHを借りたい人とETHを貸したい人をマッチングするプラットフォームです。そのため、NFT保有者はNFTを担保にして、ETHを借りることができるのです。

借りたETHをDeFiなどで運用することで、本来NFTだった資産を運用できるようになります。NFTを担保にお金を借りられる時代になったというイメージですね。

NFTの使い道がわかったら実際に体験してみよう

NFTの使い道がわかったらまずは、体験してみましょう。この記事を読んでいるあなたは少なからずNFTに興味があるはず。NFTを最速で学ぶ方法は、とりあえずさわってみることです。「習うより慣れろ」の精神でチャレンジしてみましょう。

NFTを始めることで学べること

始め方を見る前に、そもそもNFTから学べることは何かについてみていきます。学ぶ目的を持つことで、理解度もグッと上がりますよ。それでは、見ていきましょう。

  • クリプト業界の先端技術
  • ブロックチェーンの基礎理解
  • 非中央集権的な組織の便利さ

NFTに触れてみることで、NFTを支える関連技術まで学ぶことができます。具体的には「仮想通貨」や「ブロックチェーン」という技術です。このあたりの技術もNFTをさわりつつ理解していけばOKなので、最初のうちはなんとなくの理解でも大丈夫です。

NFTを始める手順

ここでは、一番始めやすいNFTアートを購入する手順について解説していきます。

  • 手順①: 国内取引所で口座開設(解説記事)
  • 手順②:メタマスクでウォレットの作成 (解説記事)
  • 手順③: 国内取引所でイーサリアムを購入(解説記事)
  • 手順④: メタマスクに送金(解説記事)
  • 手順⑤:OpenSeaで売買する (解説記事)

仮想通貨を購入する必要がありますが、解説記事を参考に進めれば問題なく始められます。仮想通貨を購入したことがない方でも安心して始められるようにわかりやすく解説しています。

補足:NFTの基礎学習をしたい方へ

個人的におすすめの学習方法はいきなり始めてみるという方法ですが、いきなりは不安という方も多いはず。NFTの学習方法に関しては「【初心者向け】NFTの勉強方法とは?おすすめの勉強方法を3つ紹介」で解説していますので、そちらを参考にしてみてください。

悲報:この記事を読んだほとんどの方がページを閉じて終わり

この記事を読んでも、その内のは95%はぺージを閉じて終わるだけです。まずは動いてみないと何も始まらないので、是非アクションをどうぞ。

次につながる行動まとめ

Twitterでブログの感想募集

Twtterでブログの感想を頂けたらRT&ブログで紹介します!@ryohei_okazakiをタグ付けしていただけると気が付きやすいのでよろしくお願いします~!