okablog Written by Ryohei Okazaki

NFTで売れるものとは?【結論:デジタルデータなら何でもOK】

NFT

悩む人「NFTを始めてみたいけど何が売れるの?絵が苦手でもNFTを始めることができるのだろうか。NFTを始める手順についても知りたいです。」

こういったお悩みに答えていきます。

本記事の内容

  • NFTで売れるものとは?【結論:デジタルデータなら何でもOK】
  • 売れるNFTの特徴とは?
  • 売れるものを理解したらNFTを体験してみよう【売買の手順を解説】

この記事を書いている僕は、NFTについてのリサーチを日常的にしています。
また、Twitter(@ryohei_okazaki)やブログで情報発信もしているので、ある程度信頼性はあるかなと。

それでは、見ていきましょう!

NFTで売れるものとは?【結論:デジタルデータなら何でもOK】

結論、デジタルデータなら何でも売れます。具体例をもとに見ていきましょう。

過去にNFTとして売れたもの

  • イラスト
  • 音楽
  • 写真
  • メタバース上の土地
  • NFTゲーム内のキャラクターやアイテム
  • ドメイン
  • ツイート

過去にすべて売れたものです。詳しく解説していきます。

小学生の絵が380万円で取引される

小学3年生のZombie Zoo Keeper(@ZombieZooArt)くんは、夏休みの宿題でNFTアートに挑戦したそうです。そのNFTアートが世界中で評価されたといった感じ。

話題性や有名ラッパーがTwitterのアイコンにしたことが高額取引の要因のようです。

ドット絵に11億円

ただのドット絵に見えますが、Crypto Punksという世界的に有名なNFTコレクションです。下記のNFTは、2,500ETH(当時約11億円)で取引されています。Crypto Punksは、カード会社のVisaや仮想通貨投資家のイケハヤ氏も購入しています。

ミックジャガーの新曲NFTが約540万円で落札

イギリスのロックバンド「ローリング・ストーンズ」のボーカルである、ミックジャガー氏は新曲をNFT化して販売しました。NFT化した動画をオークション販売したところ、約540万円で取引されたそうです。

メタバース上の土地が約4億8800万円で取引

メタバースで不動産開発をしているリパブリック・レルム社が、The Sandbox上の土地を430万ドル(約4億8800万円)で購入しました。

ツイートが3億円で落札

Twitterの創業者であるジャック・ドーシー氏が、自身の初ツイートをNFTにして販売したところ、約3億円の価格で落札されました。

売れるNFTの特徴とは?

前述した事例を見ても、なぜこんな価値がつくのか理解できない人がほとんどなはず。ここでは、売れるNFTの特徴を具体的に解説していきます。

売れるNFTの特徴

  • 付加価値がある
  • アート的価値がある
  • 歴史的価値がある

事例をもとに解説していきます。

付加価値のあるNFT

付加価値のあるNFTの代表例として、Bored Ape Yacht Club(BAYC)というNFTコレクションがあげられます。サルをモチーフにしたNFTでして、世界的にも人気のNFTコレクションです。

付加価値①:ファッション的要素(ブランド品的なイメージ)

「BAYCをSNSのアイコンにしているとこの人本物だ!」といった感じになります。そこで生まれるつながりやコミュニケーションに価値を感じる方もいるようです。現実世界でいう、ブランド品を購入する感覚に近いのかなと思います。

付加価値②:コミュニティ要素

BAYCのNFTは、会員証的な使い方もされています。というのも、BAYCのNFTを持っている人しか入れない限定コミュニティが存在するから。会員限定のオンラインショップで買い物ができたりします。

ちなみに、BAYCのコンセプトは「みんなで猿になって一緒に楽しもうという」というもの。こういった強いコミュニティの繋がりが付加価値につながっているようです。

アート的価値があるNFT

鉄腕アトムなどで有名な手塚治虫さんもNFTアートを手掛けています。モザイクアートをNFT化してオークション販売したところ、120ETH(約5,300万円)で落札されました。

いうまでもなく、手塚治虫さんの作品を購入したいと考える方は多いですよね。クリエイターの方にとってNFTは、相性のいいツールといえるでしょう。

歴史的価値があるNFT

EtherRockという岩をモチーフにしたNFTアートが約1億5000万円で取引されています。というのも、EtherRockはブロック上で最古のNFTといわれているから。

これらの仮想の岩は、持ち運びや販売が可能であり、ゲーム内の100個の岩のうちの1個の所有者であることに強い誇りを与えること以外の目的はありません:)
引用:EtherRock公式

公式サイトにもあるように、アート的価値や付加価値があるわけでもありません。歴史的価値によっても売れるということですね。

売れるものを理解したらNFTを体験してみよう【売買の手順を解説】

記事前半でも書いたように、デジタルデータなら何でもNFTにすることができます。つまり、自分の得意分野とNFTを掛け合わせるイメージ。NFTを実際にさわってみることでNFTへの理解度がグっと上がります。

まずは「習うより慣れろ」の精神で手を動かしてみましょう。

NFTの始め方を解説【完全初心者向けに3ステップで解説】

NFTを始める手順は下記のとおり。

  • 仮想通貨を購入
  • メタマスク(仮想通貨用の財布)のインストール
  • NFTを売買してみる

なお、具体的な手順に関しては「【簡単】NFTの始め方を5記事を使って完全解説【完全初心者向け】」で解説していますので、あわせてどうぞ。販売・購入のどちらにも対応する内容となっています。

補足:いきなりNFTを始めるのが不安な方へ

個人的には、いきなり始めてみるのが最短の学習方法だと考えています。とはいえ、いきなり始めるのは不安だというかたもいるはず。そういった方向けに「【初心者向け】NFTの勉強方法とは?おすすめの勉強方法を3つ紹介」でNFTの学習方法をまとめていますので参考にしてみてください。

悲報:多くの方がここで記事を閉じて行動しない

この記事を読んだ90%は、記事を閉じてそれで終わりです。ぜひ、ここで行動に移してNFT業界に参入してほしいなと思います。

Twitterでブログの感想募集

Twtterでブログの感想を頂けたらRT&ブログで紹介します!@ryohei_okazakiをタグ付けしていただけると気が付きやすいのでよろしくお願いします~!