okablog Written by Ryohei Okazaki

【初案件】プログラミング初心者におすすめのクラウドソーシングサイトおすすめ3選!!

Web制作

こんにちわ!現役フリーランスエンジニアのりょうへいです。

本記事では、在宅で簡単に副業を始めたい!バイトが禁止でばれずにお金を稼ぎたい!という方に向けておすすめです。

僕はWeb制作(プログラミング)で稼いでいました。

クラウドソーシングサイトでは、データ入力などの簡単な仕事から動画編集やライティングなどのスキルが必要な仕事など幅広い仕事があります。

その中でもプログラミングで稼ぐのにおすすめのクラウドソーシングサイトを3つ紹介します!

>>Web制作で副業したい方必見!独学で稼ぐためのロードマップを公開。

0円のプログラミングスクールという近道

最近はプログラミングスクールも増えており、最初の基礎ベースを身につけるならTechAcademyの方が早いかもです。TechAcademyは1週間の無料体験があるので、これを使ってWeb制作の基礎を学ぶのもありですね。

>>>TechAcademyの無料体験はこちら

クラウドソーシングサイトとは

クラウドソーシングとは、不特定の人や群衆を意味する「crowd(クラウド)」と、業務委託を示す「sourcing(ソーシング)」を組み合わせた造語です。

インターネット上でやりとりできるので、直接クライアントとユーザーが顔を合わせる必要もなく、場所や時間を選ばずにできる仕事が多いのが特徴です。

クラウドソーシングをするためには、クライアントとユーザーをマッチングさせるためにププラットフォームが必要になり、そのプラットフォームが「クラウドソーシングサービス」とよばれるものになります。

クラウドソーシングの一般的なモデルは、発注者がインターネットを介して僕たちのようなお仕事をしたい応募者を募り、業務者を選定・依頼するというものです。必要なときに必要な人材やスキルを気軽に調達することが可能なため、クラウドソーシングを活用する企業が増えています。

このような理由から今後クラウドソーシングが伸びていくことが予想されています。

初案件にクラウドソーシングをおすすめする理由【メリット・デメリットを解説】

初めてのお仕事を受注しよう!という場合ほとんどの人はクラウドソーシングサイトを使うとおもいます。

そこで、実際にクラウドソーシングサイトで案件を受注して月5万稼いでみてのメリットとデメリットを紹介していきます。

初案件獲得にクラウドソーシングを使うメリット

1.場所や時間に縛られずに仕事ができる

クラウドソーシングを使うと、企業さんと対面することがなくインターネット上の取引のみでお仕事を完結することが多いです。

そのため、本業のない土日に副業として稼ぎたい方や子育てや介護のために外で働くことが難しい方、学生でバイトが禁止だけどお金を稼ぎたい方などにおすすめです。

実際に僕も高校でバイトが禁止のなかクラウドソーシングを活用してお金を稼いでいました。

2.気軽に副業を始められる

クラウドソーシングでは、自分でお仕事を選べるため自分のレベルに合わせてお仕事をすることができます。

また、自分が忙しい時はお仕事をストップできたり、気分転換にカフェでお仕事をできたりするのもおすすめです。

やりたいときに好きな場所で働けるという自由な働き方ができるのはとてもいいですよね!

3.実践を通じて大きくスキルアップできる

クラウドソーシングでお仕事を始めて、実践でプログラミングを使うと成長のスピードが大幅にアップします!

クラウドソーシングには様々なレベルのお仕事があるため、自分にもできそうと思った仕事にはどんどん挑戦していきましょう!

正直単価が低いお仕事も多いですが、経験を積ませてもらいながらお金ももらえると思えばとてもありがたいことです。

個人的には「お仕事の全体像が8割イメージできればお仕事をこなせる」と思います。

実践で経験を積むのが一番の成長ですのでガンガン挑戦していきましょう!

>>>大学生がプログラミングで副業ってできるの?【学習手順まで徹底解説】

初案件獲得にクラウドソーシングを使うデメリット

1.安定した収益を獲得できない

クラウドソーシングは競合が多いため、採用されるのも結構きついです。

仕事単価が比較的安価なものが多いことや、仕事を継続的に受注できなければ安定的な収入が得られない不安定な環境はデメリットといえます。

2.手数料が高い

クラウドソーシングサイトは手数料がかかります。

受注した額やクラウドソーシングサイトにもよりますが、僕自身の経験として20%くらいとられるイメージです。

結構大きい額ですよね…。

3.営業のスキルを磨けない

クラウドソーシングはインターネット上で取引できるというメリットもありますが、そればかりに頼っていると営業力を身に着けることができません。

クラウドソーシングではメールでの営業力は身に付きます。

将来的に、単価アップや継続的にお仕事を振ってもらうには直接企業に営業したり、制作会社に依頼をいただくレベルに持っていく必要があります。

そのためにも、フリーランスとしてより成長したい方は早めにクラウドソーシングを卒業することが大切です。

初案件獲得におすすめのクラウドソーシングサイト3選!

クラウドワークス

クラウドワークスは日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

そのため、求人数も多く自分にあったお仕事を見つけることができます。

クラウドワークスでは、タスク形式の仕事に対しては一律で20%のシステム利用料がかかります。それ以外は、10万円以下は20%、10万円~20万円は10%、20万円を超えると報酬金額に対して5%がシステム利用料として引かれます。

個人的におすすめのクラウドソーシングサイトです!

クラウドワークス

ランサーズ

ランサーズはクラウドワークスとならび日本最大級のクラウドソーシングサイトです。幅広い案件を扱っていて、それぞれの案件に対する仕事の依頼数も十分あります。

ランサーズもクラウドワークスと同様、案件数が多いため自分にあった案件を見つけることができます。

ランサーズを使って仕事をするときのシステム利用料は5~20%です。20万円を超える依頼金額に対しては5%、10万円~20万円では10%の手数料、10万円以下のときには20%が差し引かれます。

ランサーズ

ココナラ

個人的一番おすすめはココナラです。

おすすめの理由は、下記のとおり。

  • ほかのサービスより競合がすくない
  • 実際に使ってみて返信率が高かった
  • 自分でサービスを出品できる

しかし、ココナラはほかのサービスより少し手数料が高いです。

取引が成立すると、金額に対して25%+税が手数料として差し引かれます。ただし5万円以上になると20%+税、10万円以上だと10%+税といった具合に下がっていきます。

【ココナラ】

まとめ

僕が実際に使っているクラウドソーシングサイトを紹介しました。

クラウドソーシングサイトで実績を積み上げて、さらなるステップアップを目指していきましょう!

このブログでは、プログラミングで稼ぐための情報を発信しています。

是非ほかのブログも読んでみてください!

プログラミング以外で稼ぐ方法が知りたい方はこちら

0円のプログラミングスクールという近道

最近はプログラミングスクールも増えており、最初の基礎ベースを身につけるならTechAcademyの方が早いかもです。TechAcademyは1週間の無料体験があるので、これを使ってWeb制作の基礎を学ぶのもありですね。

>>>TechAcademyの無料体験はこちら