okablog Written by Ryohei Okazaki

【銘柄一覧】おすすめのNFT関連仮想通貨10選!【海外情報をもとに解説】

NFT

 

悩む人「NFT関連の仮想通貨を購入してみたいけど、おすすめとかってありますか?海外で流行っているプロジェクトを知りたい。」

こういった疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • おすすめのNFT関連仮想通貨10選!【海外情報をもとに解説】
  • NFT関連の仮想通貨の購入方法
  • NFT関連の仮想通貨を購入する際のポイント

この記事を書いている僕は、NFT関連の海外ニュースを毎日にチェックしてます。
また、Twitter(@ryohei_okazaki)やブログで情報発信もしているので、ある程度信頼性はあるかなと。

それでは、見ていきましょう!

NFTを購入したことがない方はNFTに触れてみると学習効率UP

NFT関連の株を購入する前に、NFTについて学習をしておきましょう。
理由は、情報収集をする際に、専門用語やトレンドの動きがわからなかったりするからです。
詳しくは、下記からどうぞ。

【銘柄一覧】おすすめのNFT関連仮想通貨10選!【海外情報をもとに解説】

サービス名 通貨名 時価総額
Decentraland MANA ¥688,349,723,706
Axie Infinity AXS ¥653,883,736,255
The Sandbox SAND ¥626,566,281,685
Theta Network THETA ¥561,471,855,910
Tezos XTZ ¥463,428,551,578
Gala GALA ¥365,216,197,146
Flow FLOW ¥324,111,114,540
Enjin Coin ENJ ¥252,359,164,286
Chiliz CHZ ¥196,117,521,480
Immutable X IMX ¥105,812,182,301

※2021年1月現在(最新の時価総額はこちらから)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Decentraland(MANA)

サービス名 Decentraland
通貨名 MANA
販売価格 ¥377.71
公式サイト Decentralandの公式サイト

Decentraland(ディセントラランド)は、今注目のメタバースプラットフォームです。

メタバース上の土地やアイテムは、ブロックチェーンにNFTとして価値が保存されるので、ブロックチェーンが存在する限り資産として保有し続けることが可能です。

そのため、多くの投資家や企業から注目を集めています。

先日、Decentraland 上の土地(LAND)が1.1億円で取引されたというニュースもあったので、今後も伸びていくサービスだと考えています。


Axei Infinity(AXS)

サービス名 Axie Infinity
通貨名 AXS
販売価格 ¥10,597.99
公式サイト Axie Infinityの公式サイト

Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)は、「Axie」をいうモンスターを集めて戦わせるゲームです。このゲームでは、遊ぶだけでなく稼ぐこともできるんですよね。

  • ゲームをプレイしてSLPを稼ぐ
  • ゲームで勝ってAXSを稼ぐ
  • Axieやアイテムをマーケットプレイスで売る

SLPとAXSとは、ゲーム内通貨のことです。

SLPの方が入手がしやすく初心者向け、AXSは入手しずらく上場している仮想通貨といった感じですね。

現状、公式サイトの内のマーケットプレイスで、Axie(キャラクター)やアイテムの売買も盛り上がっているため、今後もその流れは拡大していくと考えられます。

フィリピンやタイでは、Axie Infinityで生計を立てているプレイヤーもいるらしく、今注目のNFTゲームです。


The Sandbox(SAND)

サービス名 The Sandbox
通貨名 SAND
販売価格 ¥678.48
公式サイト The Sandboxの公式サイト

The Sandboxは、オリジナルのアバターやアイテムなどを作って遊ぶ、メタバースプラットフォームです。

オリジナルのアバターやアイテム、土地などの売買を通じて稼ぐことも可能です。

ゲームの内容としては、マインクラフトに近いイメージです。

ソフトバンクやコインチェックといった企業がSandbox内の土地(LAND)を購入しているので、今後に期待できるサービスだと考えています。

個人的に期待しているサービスでして、ゲームとしての質も非常に高いです。

無料で始められるので、1度さわってみるといいかもです。


Theta Network(THETA)

サービス名 Theta Network
通貨名 THETA
販売価格 ¥554.96
公式サイト THETAの公式サイト

THETA(シータ)とは、非中央集権型の動画プラットフォームを目指しているサービスです。

YouTubeなどの中央集権的な企業が運営しているプラットフォームと違い、「企業の中抜き」を排除することで動画クリエイターにより多くの報酬を支払うことを可能にしました。

Web3の時代らしい、「クリエイターエコノミー」なサービスなので、今後の成長に期待しています。


Tezos(XTZ)

サービス名 Tezos
通貨名 XTZ
販売価格 ¥531.18
公式サイト Tezosの公式サイト

Tezos(テゾス)は、スマートコントラクトやDapps(分散型アプリ)を開発・利用できるプラットフォームといった感じ。

フランスの中央銀行での実証実験にも採用させれているらしく、今後に期待できるプロジェクトといえるでしょう。


Gala Games(Gala)

サービス名 Gala
通貨名 GALA
販売価格 ¥52.34
公式サイト GALAの公式サイト

Gala Gamesは、NFTゲームを制作しているプロジェクトです。

実際にプレイしたくなるゲームを制作するというコンセプトで活動しているようで、ゲームの質も高いことが特徴です。

運営メンバーも実力者ばかりでして、注目されているプロジェクトです。


Flow(FLOW)

サービス名 Flow
通貨名 FLOW
販売価格 ¥1,023.08
公式サイト Tezosの公式サイト

Flow(フロー)は、高速かつ安全な開発者向けの新しいブロックチェーンです。

具体的には、現状のブロックチェーンの問題点でもある「決済がスムーズではない」「開発がしにくい」といった問題を解決したものです。

また、発行元がDapper Labsということもあり、信頼性の高いプロジェクトなので安心感もありますね。


Enjin Platform(ENJ)

サービス名 Enjin Platform
通貨名 ENJ
販売価格 ¥300.28
公式サイト Enjin Platformの公式サイト

Enjin Platformとは、ブロックチェーンの知識がなくても、一般向けに開発されているゲームやアプリに仮想通貨やNFTを導入することができるサービスです。

ゲーム内仮想通貨を導入するには、高度な知識を持ったブロックチェーンエンジニアが必須でしたが、Enjin Platformによってこの問題を解決しました。

Enjin Platform内でマインクラフトがリリース、サムスンとの提携、コインチェックへの上場といったニュースもあるため、今後に期待できるサービスです。


Chiliz(CHZ)

サービス名 Chiliz
通貨名 CHZ
販売価格 ¥33.19
公式サイト Chilizの公式サイト

Chiliz(チリ―ズ)は、スポーツのチームとそのファンをつなぐプロジェクトといった感じです。

具体的には、2つのサービスがローンチされています。

  • Socios.com:ファン投票や報酬を得られるアプリ
  • Chiliz Exchange:スポーツクラブの公式ファントークンを取引できる取引所

Chiliz Exchangeでは、スポーツクラブの意思決定にかかわれたり、特別なサービスを受けれたりするそうです。

サッカーのFCバルセロナや格闘技のUFCなどもパートナーになっていますね。

今後に期待できるプロジェクトといえるでしょう。


Immutable X(IMX)

サービス名 Immutable X
通貨名 IMX
販売価格 ¥555.16
公式サイト Immutable Xの公式サイト

Immutable X(イミュータブル エックス)は、イーサリアムのレイヤー2プロジェクトです。

レイヤー2とは、ポリゴンをイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。

混雑状態のイーサリアムを救ったブロックチェーンといったイメージでOKです。

Immutable Xもイーサリアムで問題となっていた、ガス代やトランザクションの速度などを改善したブロックチェーンを目指しているようです。


NFT関連の仮想通貨の購入方法

  • 国内取引所(コインチェック)で仮想通貨を購入する方法
  • 海外取引所(バイナンス)で仮想通貨を購入する方法

それぞれ解説していきます。

国内取引所(コインチェック)で仮想通貨を購入する方法

  • コインチェックで口座を開設
  • 日本円を入金
  • NFT関連の仮想通貨を購入

ENJは、上記の手順で購入できます。

コインチェックでは500円からの購入も可能なので、余剰資金から始めてみましょう。

海外取引所(バイナンス)で仮想通貨を購入する方法

ほとんどの通貨は上記の手順で購入できます。
※一部例外もあります。

バイナンスでは、日本円で仮想通貨を購入することができないので上記の手順を踏む必要があります。

※クレジットカードで仮想通貨を購入する方法もありますが、手数料が高いためおすすめしていません。

NFT関連の仮想通貨を購入する際のポイント

  • 実際にプロジェクトに触れてみる
  • 情報収集をする

それぞれ解説していきます。

実際にプロジェクトに触れてみる

NFT関連の仮想通貨を購入する前に、実際にプロジェクトに触れてみましょう。

というのも、そのプロジェクトが多くの人に使われるかを判断する必要があるからです。

ほとんどのNFT関連のサービスは、できたばかりのモノが多いため、ユーザー数はかなり少ないです。

そのため、今後多くの人に使われて、価格が上がる仮想通貨なのかを判断する必要があります。

仮説検証の視点を持とう

ここで重要なのが、仮説検証の視点を持つことでして、具体的には下記のとおり。

  • 世の中には、こういったニーズがありそうだからこのサービスは伸びそう
  • あのサービスとの相性がよさそうだから、このサービスは伸びそうだな

仮説検証の視点を持つためには、情報収集が必須です。

詳しくは、この後解説していきます。

情報収集をする

NFTについてある程度の知識がついたら、情報収集をしていきましょう。

投資と情報収集は、セットといっても過言ではないでしょう。

特に、NFTや仮想通貨業界のトレンドの変化は非常に速いため、必須といえるでしょう。

具体的には、1つの国の規制や影響力のある人の発言によって価格が変動したりすることもあります。

そのため、ニュースやTwitterなどでの情報収集は必須です。

コツコツ継続していきましょう。

僕が読んでいるニュースサイトを紹介

  • Decrypto
  • CoinPost
  • Coindesk Japan
  • コインテレグラフ
  • The Wall Street Journal

上記は、僕が毎日読んでいるニュースサイトです。

他にも、「Twitter」「Google USA」なども使用しています。

情報収集をする際のポイント

情報収集において一番重要なことは、継続することです。

毎日ニュースを読んでいると、過去のニュースや出来事と繋がる瞬間があるからです。

具体的には、下記のとおり。

  • この企業やサービスは最近話題になっているな
  • この国の発言が、仮想通貨業界で影響力を持っているな
  • あの企業を買収して、こういった事業を始めたんだな

こういった気づきが出てくると、情報収集が楽しくなりますよ~!

この記事を読んだ後にやるべきこと

この記事を読んだ後にやるべきことは、下記のとおり。

  • NFTを購入してみる
  • NFT関連株を購入してみる
  • 仮想通貨関連に投資をしてみる

それぞれ解説していきます。

NFTを購入してみる

NFT関連の仮想通貨に投資をする前に、NFTがどんなものなのか見てみたいという方におすすめです。

僕自身も、NFTを購入して視点が変わったのでおすすめの方法です。

数千円からでもNFTを購入できるため、即行動してみましょう!

NFT関連の仮想通貨を購入してみる

NFTをさわったことがあって、NFT関連の仮想通貨に投資をしたいという方はこの記事を参考に購入してみましょう。

先程解説したように、この記事の内容を鵜呑みにせず、海外記事やニュースサイトをよんで、仮説検証をもとに意思決定をしていきましょう。

とはいえ、勉強ばかりしていても成長しないので気になった銘柄を少額から購入するのがおすすめです。

>>>コインチェックはコチラ

仮想通貨関連に投資をしてみる

NFT関連の仮想通貨に限らず、仮想通貨関連の投資方法を知りたいという方は、下記を参考にしてみてください。

NFT関連の仮想通貨に限らず、仮想通貨業界にはさまざまな稼ぎ方があります。

すべてリサーチするのは、時間がかかるので上記の記事を参考に調べてみるといいかもです。

まずは、さわってみるのが最短の学習方法です。

ここで行動に移しましょう!