okablog Written by Ryohei Okazaki

【日本株/米国株を紹介】今注目のメタバース関連株10選!【海外情報をもとに解説】

Crypto Metaverse

悩む人「メタバース業界が伸びてきているけど、おすすめの銘柄とかってあるの?メタバースに力を入れている企業を知りたい」

こういった疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • メタバースに投資する方法
  • メタバース関連株を初心者向けに解説【日本/米国株】
  • メタバースに投資する上でのポイント
  • メタバース投資を始める方法

この記事を書いている僕は、メタバースに関する情報をリサーチしてます。
また、SNSやブログで情報発信もしているので、ある程度信頼性はあるかなと。

それでは、見ていきましょう!

メタバースに投資する方法

  • メタバース関連の仮想通貨を購入する(解説記事)
  • メタバース上で稼ぐ(解説記事)
  • メタバース関連株に投資する

上記の方法の中で、メタバース関連株に投資する方法について詳しく解説していきます。

なお、メタバース関連の仮想通貨の購入方法に関しては、今後記事にまとめます。

 

メタバース関連株を初心者向けに解説【日本/アメリカ株】

Bank of America(アメリカの銀行)の発表によると、世界のメタバース市場は2020年代半ばまでに3900億ドルから8000億ドルに成長する可能性があるとのことです。

今注目のメタバース関連株を紹介していきます。

メタバース関連株【米国株】

  • Meta(MVRS)
  • Microsoft(MSFT)
  • Unity Software(U)
  • Roblox(RBLX)
  • Amazon(AMZN)
  • Autodesk(ADSK)
  • Nvidia(NVDA)

アメリカ株の情報は、海外情報をもとに深堀して解説していきます。

Meta(MVRS)

Metaは、社名をFacebookからMetaに変更するほどメタバース領域に力を入れている企業です。

個人的に、Metaのサービスはインフラレベルになると考えています。

理由は「早期参入」と「圧倒的資金力」の要因があるからです。

実際に、QuestやHorizon Workroomsを中心とした、最先端のメタバース事業が魅力的です。

今後も情報を追っていきます。

Microsoft(MSFT)

Microsoftは、世界的な老舗IT企業です。

Mesh for Microsoft Teamsを中心とした、オンライン会議の問題点を解決するような事業展開をしています。

まずは、マイクロソフトの考えを見てみましょう。

リモート会議では相手のパーソナルな部分が見えず、人間関係やキャリアを築く機会が減っています。このことは、マイクロソフトのリサーチ部門による継続的な調査でも実証されています。たとえば、会議参加者全員のビデオ カメラがオンになっていると、参加者たちはより積極性が高まり、コミュニケーションが活発になると感じています。ただ、このビデオ オプションはオンとオフの 2 つの状態しか選べません。あまりに多くのメンバーが、静止画像やイニシャル入りアイコンで長時間表示されるのは、とても自然とは言えません。

参照:Microsoft 

オンライン会議のときに、自分の顔を見て話すのが嫌な人も多いはず。

こういった問題を、アバターが解消してくれます。

ちなみに、2022年前半にプレビュー版の提供開始を予定しているらしいので、実際に体験してみるといいかもです。

Unity Software(U)

Unity Softwareは、ゲーム開発をする際に使われる「Unity」の会社です。

最近では、The SandboxやDecentralandなどのメタバースのワールド開発にも使用されています。

The SandboxやDecentraland内で使用されている仮想通貨の価格も上昇しているので、今後に期待できる銘柄です。

Roblox(RBLX)

Robloxは、現在世界の子供たちを中心に大流行中のゲーミングプラットフォームです。

Roblox内で、自分が作ったゲームを公開したり、他の人が作ったゲームで遊んだりして遊びます。アイテムの売買などもできるようなので、今後盛り上がってきそうですよね。

海外では、プログラミング学習にも使われているようなので、今後に期待です。

Amazon(AMZN)

AWSなどのクラウドサービスやその影響力は、メタバース領域でも発揮しそうですね。

先日、Meta社とAWSが提携を組んだニュースもありました。

メタバースの分野において、Amazonの存在は大きなものになると考えています。

Autodesk(ADSK)

Autodesk(オートデスク)は、エンジニアや建築家が建物(現在では仮想世界)を設計するためのソフトウェアを開発している会社です。

3Dのアニメーションやワールドを設計できるので、今後伸びそうですよね。

Nvidia(NVDA)

Nvidia(エヌビディア)は、アメリカの半導体メーカーです。

最近では、メタバースの作成に資金を投資しているというニュースも出ています。

具体的には、NVIDIA Omniverse というサービス。

簡単に言えば、ユーザーが 3D ソフトを他の人と同時に、リアルタイムで作業することを可能にしたサービスといった感じ。

詳しく知りたい方は、公式サイトで確認してみてください。

メタバース関連株【日本株】

  • グリー(3632)
  • ソニー(6758)
  • KDDI(9433)

グリー(3632)

グリーは、アバターを作成して、VTuberのようにライブ配信ができるREALITYというサービスに力を入れています。

今後2~3年で100億円規模の事業投資をすると発表していて、世界でも数億のユーザーを目指しているようです。

ユーザー数も順調に増えているようなので、期待できる銘柄といえるでしょう。

ソニー(6758)

ソニーは、メタバースゲーム「フォートナイト」を運営するエピックゲームズに、2020年7月に2億5000万ドル(約274億円)、2021年4月に2億ドル(約220億円)を投じており、資本関係を強化しています。

KDDI(9433)

KDDIは、2022年に期待の銘柄です。

というのも、2022年に渋谷を舞台とする「バーチャルシティ」の展開を予定しているようです。

バーチャルシティとは「現実の都市と仮想空間を連動し、共に発展していく新たなまちづくり」とのこと。

VR/ARの業界は、5Gとの関連性も強い分野なので今後に期待です。

メタバースに投資する上でのポイント

  • 世間の注目度
  • そのサービスについて興味を持っているのか

メタバースに投資をする際は、最新ニュースのチェックは必須です。

理由は、メタバース業界の動きが早いから。

国内情報は「Coin Post」。海外情報は「Decrypt」「Google USA」あたりがおすすめです。

また、投資をするサービスについて知るために、実際に触ってみるのも大切だと思います。

ゲームやサービスは「使いやすさ」が一番大切なので、自分が使いたいかという判断も重要かと。

このあたりは、のちほど深掘りしていきます。

メタバース投資を始める方法

  • 株式投資→楽天証券を使う
  • メタバース関連の仮想通貨に投資する→Binanceを使う
  • メタバース内で稼ぐ→実際にプレイする

メタバース関連株に投資する

個人的に楽天証券がおすすめです。

楽天経済圏で生活するとポイントなどが貯まるのでお得です。

また、操作が簡単なので初心者でも使いやすい。

楽天証券の始め方は公式サイトを参考にしてみてください。

メタバース関連の仮想通貨に投資する

メタバース内で使われている「通貨」を購入して稼ぐ方法。

そのメタバースのゲームにユーザーが集まれば儲かるといった感じ。

具体的には「Binance」で購入しましょう。

というのも、国内の取引所だと取り扱っている銘柄が少ないんですよね。

このあたりは、下記の記事を参考にしてみてください。

メタバース内で稼ぐ

投資とは少しずれますが、紹介していきます。

メタバース内の経済活動を通して稼ぐ方法。

メタバース内の土地を購入して、不動産のような稼ぎ方も可能です。

メタバース内での稼ぎ方

  • アバター・アイテム制作
  • 不動産
  • ゲームクリエイター
  • イベント主催

詳しくは「The Sandboxの始め方を解説【稼ぎ方・遊び方も解説】」を参考にしてみてください。

メタバースに興味がある方へ

まずは、メタバースを始めてみるのもありだと思います。

理由は、大手企業もメタバース業界に注目をしているから。

具体的には、FacebookがMetaに社名を変更したり、ソフトバンクがThe Sandboxに約106億円を投資したりといったニュースがありますよね。

最先端の技術に触れてみるのも、新たな学びにつながりますよ。

メタバースの始め方

  • 国内の取引所で口座開設
  • 海外の取引所でメタバース上の通貨と交換
  • メタバースプラットフォームとメタマスクの連動
  • 実際にプレイ

投資をするうえで、そのサービスについて知っておくことは、非常に重要です。

この機会に始めてみるのもいいと思います。

メタバース業界の動きは速いので、即行動しましょう。