okablog Written by Ryohei Okazaki

GameFiの始め方【おすすめのゲームから稼ぎ方まで解説】

GameFi

悩む人「GameFiを始めてみたいけど、どうやってやるの?GameFiって聞いたことはあるけど、どんなものなの?」

こういった疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • そもそも、GameFiとは?
  • GameFiの始め方
  • おすすめのGameFiを紹介

この記事を書いている僕は、GameFiについてのリサーチをしています。
また、SNSやブログで情報発信もしているので、ある程度信頼性はあるかなと。

それでは、見ていきましょう!

GameFiをこれから始める方は口座開設を済ませておきましょう!

GameFiを始めるには仮想通貨が必要になります。初めて仮想通貨を始める場合は、Coincheckでの口座開設がおすすめです。
無料で口座開設できるので、サクッと済ませましょう!
>>>コインチェックはこちら

そもそも、GameFiとは?

GameFiとは、分散型金融ゲーム(Game+DeFi)の略です。

簡単に解説すると、ゲームに金融システム(DeFi)を取り入れること。

そして、ゲームをプレイして稼ぐことを「Play to Earn」といいます。

フィリピンなどでは、Play to Earnの考え方が広がっていて、GameFiを通じて生計を立てている方もいるらしいです。

GameFiと普通のゲームの違い

  • ゲーム内の通貨やアイテムを換金できる
  • 投資的な側面を持つ
  • 初期費用がかかるモノもある

GameFiの仕組みによって、ゲーム内で貯めた通貨やアイテムを換金することができます。

GameFiには、初期費用がかかるモノもあり、投資的な側面を持ってプレイしている方がほとんどです。

GameFiの始め方【3ステップで完了】

  1. 遊ぶゲームを決める
  2. 遊び方を調べる
  3. 実際にプレイする

GameFiを始める手順は、通常のゲームと違いはありません。

とはいえ、日本語情報はほとんどないため、英語での情報収集が必須ですね。

英語での情報収集の際は「Deepl」がおすすめです。個人的にGoogle翻訳よりも精度が高いので愛用しています。

また、遊ぶゲームに合ったウォレットを作る必要もあるので、このあたりの情報収集も必要になってきますね。

GameFiは早期参入が有利

GameFiでは「IDO」とよばれる、プロジェクトの初期段階にトークンセール的なものを行う場合があります。この段階でトークンを購入できるとお得にGameFiを始めることができます。

とはいえ、リスクも大きいので情報収集が必須になってきます。

やはり、日本語情報を待つのではなく、英語情報を追ってみるといいかもです。

GameFiを始める際の注意点

  • 初期費用がかかる
  • 投資金額を回収できるかわからない
  • 法規制のリスク

GameFiは無料で始められるものもありますが、基本的に初期費用がかかります。

上記のリスクを考えたうえでGameFiを始めてみましょう。

まずは、損しても大丈夫な余剰資金から投資をしていきましょう。

GameFiの稼ぎ方

PCとマウス
  • トークンを売買する
  • 自分でプレイする
  • スカラーシップ

トークンを売買する

ゲーム内のトークンやアイテムを購入して売買する方法です。IDOなどの情報をうまくキャッチアップして稼いでいきます。

とはいえ、ゲームの初期段階で伸びるかどうかを判断するのはかなり難しい。このあたりは「ハイリスク・ハイリターン」といった感じですね。

自分でプレイする

自分でプレイする方法です。基本的にGameFiは、作業時間や知識が必要になるので、そのゲーム自体を楽しめるのかということが大切です。

とはいえ、現状のGameFiでは、ゲームのクオリティが低いので悩ましいところです。

スカラーシップ

GameFiにおけるスカラーシップとは、ゲーム内のキャラクターを買うことができない人にキャラクターを貸し出して、プレイを外注する方法。

ゲーム内のキャラクターを運用してもらうイメージですね。

現状、スカラーシップに対応しているGameFiはAxie Infinityくらいしかないので今後に期待ですね。

ゲームのプレイを外注して稼ぐ時代って凄すぎませんか!このあたりは、非常に楽しみな分野です。

【GameFiを始めるならコレ】おすすめのGameFi6選!

  • Illuvium
  • Axie Infinity
  • CryptoBalades
  • MIR4
  • Polkafantasy
  • Guild of Guardians

Illuvium


Illuviumは、無料で遊ぶことができるPlay to Earn(稼ぐために遊ぶ)のGameFiです。イルビウムというモンスターを「集める・育てる・交換・バトル」といった感じで遊びます。

身近な例をあげると、モンスターやアイテムを換金して、稼ぐことができるポケモンといった感じですね。

リリース前にも関わらず、多くの投資家や企業から資金調達を得ているプロジェクトなので、2022年最注目のGameFiといえるでしょう。

Axie Infinity

GameFiといえば、Axie Infinity(アクシーインフィニティ)ですよね。アクシーと呼ばれる、モンスター3匹でチームを組み、対コンピュータ戦の「アドベンチャー」と対人戦の「アリーナ」でプレイしていきます。

GameFiのため、ゲーム自体は微妙ですが、世界的に有名なGameFiなので、比較的情報も多いです。

Crypto Balades

Crypto Balades(クリプトブレイズ)は、操作性のシンプルさから「稼げるクソゲー」と呼ばれています。操作方法はタップをするだけで、勝てば報酬が増えて、負ければ報酬なしというシンプルさ。

ゲーム自体は、トレーディングカードのような感じで、技術力などの差が出にくいといったメリットもありそうですね。

Crypto Baladesも比較的情報が多いので、始めやすいのもおすすめのポイントです。

MIR4

MIR4(ミルフォー)は、韓国発のGameFiの要素を持ったゲームです。2021年8月26日にサービス開始した新しいゲームで、詳しい情報は結構少ない印象です。

MIR4の最大のメリットは、無料で始められるという点です。その反面、コインに変換するまでの手順が複雑であったり、稼げる保証がないといったデメリットもあります。

リスクゼロなので、ここから始めてみるのもありだと思います。

Polkafantasy

 

Polkafantasy(ポルカファンタジー)は、2022年1月にゲームのデモを公開、2022年第2四半期~第3四半期に正式リリース予定のGameFiです。

細かい情報は、まだ出ていませんが、遊戯王のゲームアンバサダーを務めた方が運営に携わっているらしいので、期待のできるプロジェクトです。

今後が楽しみなGameFiですね。

Guild of Guardians

Guild of Guardians(ギルドオブガーディアンズ)は、2022年リリース予定のGameFiです。

PC・スマホのどちらでもプレイできて、無料でプレイ可能ということで注目を集めています。

Guild of Guardiansも初期費用ゼロで、比較的始めやすいので初心者の方におすすめのGameFiです。

GameFiでは早期の参入が有利な理由【Axie Infinityのチャートから学ぶ】

最後に、Axie Infinity上で使う通貨の値動きから、GameFiにおける先行者優位の重要性についてみていきましょう。

下記のチャートは、Axie Infinity上で使われる「AXS」という通貨の1年間のチャートです。

Axie Infinityのチャート(参照:CoinMarketCap)

 

チャートを見ると一年前に比べて200倍以上も値上がりしています。

このあたりを考えると先行者が有利な理由がわかりますよね。

GameFiの始め方まとめ

GameFiを始める手順を確認して終わりにしましょう。

  1. 遊ぶゲームを決める
  2. 遊び方を調べる
  3. 実際にプレイする

Axie Infinityのチャートのように、初期段階から始めると有利に立ち回れます。

ここでページを閉じて終わりですか?

まずは、行動に移してみましょう!

GameFiをこれから始める方は口座開設を済ませよう

GameFiを始めるには仮想通貨が必要になります。初めて仮想通貨を始める場合は、Coincheckでの口座開設がおすすめです。
無料で口座開設できるので、サクッと済ませましょう!
>>>コインチェックはこちら