okablog Written by Ryohei Okazaki

【インタビューあり】NFTアートを作るためのおすすめアプリ3選!【作り方/販売方法も解説】

Crypto NFT

悩む人「NFTアートを作ってみたいけどおすすめもアプリとかありますか?NFTアートの作り方の手順まで知りたい。」

こういった疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • NFTアートを作れるアプリ3選
  • NFTアートを販売する手順
  • NFTアートを販売する際のポイント

この記事を書いている僕は、日常的にメタバースで遊んでいます。

また、メタバースに関する情報発信もしているので、ある程度信頼性はあるかなと。

それでは、見ていきましょう!

NFTをこれから始める方は口座開設を済ませておきましょう!

NFTの売買をする際に仮想通貨が必要になります。初めて仮想通貨を始める場合は、Coincheckでの口座開設がおすすめです。
無料で口座開設できるので、サクッと済ませましょう!
>>>コインチェックはコチラ

NFTアートを作れるアプリ3選

NFTアートを作れるアプリは下記のとおり。

レベル別に解説しているので、幅広い方に読んでいただける記事となっています。

それでは、ひとつひとつ解説していきます。

8bit Painter

8bit Painterは、スマホで手軽に始めてみたいという方におすすめのアプリです。

無料で使用することができて、ドットのサイズが変更できたりする点も大きなメリットです。

まずは、ここから始めてみるのをおすすめします。

IbisPaint

IbisPaintは、ある程度しっかりやっていきたいという方におすすめのアプリです。

そのため、本気でイラストに取り組むには画面が小さくて使いづらいと思います。

本格的に始めてみたいという方は、iPad AirApple Pencilも検討してみましょう!

Illustrator

Illustratorは、知っている方も多いと思います。

画像の編集などにも使用できるため、プロ仕様といった感じですね。

今後、絵を仕事にしていきたいという方におすすめです。

NFTアートを販売する手順

おすすめのアプリを紹介したところで、NFTアートを販売する手順を紹介していきます。

  • アプリのインストール
  • イラストを描く
  • NFTマーケットプレイスに公開

アプリのインストール

自分にあったアプリをインストールしていきましょう。

ここは、サクッと進めていきます。

イラストを描く

このとき意識することは「市場のニーズ」を分析することです。

最初のうちは、ここまでしなくてもOKですが、本気で始めていきたいという方は、ここまで意識しましょう。

とはいえ、市場のニーズに引っ張られすぎるのもよくないですよね。

大切なのは「市場のニーズ」と「自分が表現したい世界観」のバランスでして、このあたりが非常に難しい。

イラストを描きつつ、ちょうどいいところを見つけていく感じでOKです。

NFTマーケットプレイスに公開

いよいよ、NFTを公開していきましょう。

特に理由がなければ、OpenSeaを使いましょう!

理由は、定番のマーケットプレイスだから。

とはいえ、このあたりの設定はややこしいので「【簡単】NFTアートの作り方を5つの手順で解説【初心者向け】」を参考にしてみてください。

【参考】アプリで作れそうなNFTアートを見ていく

世界的に有名で、ある程度価値のついているものを厳選してきました。

上記の2点を例に解説していきます。

Crypto Punks

Crypto Punksは、世界最古のNFTとして、高値で取引されています。

価格は、だいたい30ETH~100ETHくらいで、日本円にすると約1500万円~5000万円です。

JPEGにこの値段がつくのって衝撃を受けますよね。

ここからいえることは、NFTの価値はアートの質だけではないという点。

もちろん、アートとして購入しているコレクターもいますが「ファッション的な要素」や「投資的な要素」をもって、購入しているコレクターが多い印象を受けます。

それぞれ深堀していきます。

ファッション的な要素とは?

ファッション的な要素は、ブランド品をイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

例えば、ルイヴィトンは「おしゃれ」よりも「この人はルイヴィトンは持ってるんだ、すごい」といったような感じですよね

CryptoPunksもこの感覚に近くて「この人はCrypto Punksを持ってるから本気だな」といった感じ。

投資的な要素とは?

投資的な要素とは、将来的に価値が上がることを期待して購入することですね。

最近では、NFTを担保にしてお金を借りられるサービスも出ているので、こういった点に期待をよせているコレクターも多いようですね。

実際に購入してみると、市場の感覚を肌で感じられると思います。
まずは、お手頃なNFTを購入してみてはいかがでしょうか?

mfers

mfersとは、sartoshi氏の手描きの作品を10000点限定で発行しているNFTコレクションのようです。

イラスト自体は、簡単なもので10000体以上生成する予定はないとのことですので、その限定性に価値がついているようです。

floor price(最低価格)は、0.21ETHなので約10万円ほどです。

【初心者向け】NFTアートを販売する際のポイント

初心者がNFTアートを販売するときは、下記のポイントを押さえましょう。

  • 価格はマーケットを分析してつける
  • ブロックチェーンはポリゴン
  • SNS発信/営業を頑張る

初心者の方は、これらを意識しましょう。

価格はマーケットを分析してつける

価格の設定は、NFTを販売するにあたって非常に重要です。

どんな価格のNFTが売れやすいのかといった点を徹底的に分析しましょう。

もう少し具体的に教えてほしいといった声もあると思いますが、NFT市場の動きは速いため、自分で分析することをおすすめします。

ブロックチェーンはポリゴン

NFT関連のブロックチェーンは、ポリゴンを選びましょう。

イーサリアムは、本格的に始めたい方。ポリゴンは、初心者におすすめといった感じですね。

理由は、イーサリアムはガス代(手数料)が高いからです。
数千円のNFTを購入するために1万円~2万円くらいのガス代を払うこともあります。
こういった観点からポリゴンがおすすめですね。

念のため、ポリゴンのデメリットを上げておくと、まだまだ歴史が浅いいうことです。
やはり、大手のNFTコレクションはイーサリアムで出品していますね。

個人的に「ポリゴンで出品→軌道にのったらイーサリアムで出品」という流れをおすすめしています。

SNS発信/営業を頑張る

NFTコレクションの運営には、SNS発信と営業は必須です。

理由は、なかなか認知が広がらないから。
多くの人は、SNS発信のみに焦点を置きますが、ときには自分から声をかけるのも大切だと考えています。

具体的には「コラボ作品の誘い」「共同でスペースを開催」「共同で企画を開催」といった感じ。
営業というと堅苦しい感じがしますが、自分から認知を広げる努力も必要ということです。
このあたりを頑張るといいスタートをきれるかもです。

国内NFTクリエイターにインタビューしてみた

今回ご協力いただいたのは、Aoyoko(@Aoyoko_NFT)さんです。

有益情報ばかりですので、要チェックです。

それでは、見ていきましょう。

NFTを販売するうえで意識していることとかってありますか?

ぼく「NFTを販売するうえで意識していることとかってありますか?」

Aoyokoさん「Board Animal は不思議な板動物という設定があるのでそれをセットにして、商品を愛してもらえるように意識しています。」

ぼく「なるほど。世界観を伝えていくことが大切なんですね。具体的な方法とかってあるんですか?」

Aoyokoさん「キャラクターたちの生活ぶり、不思議ぶりをたまにツイートしたり、gifを販売しています。」

ぼく「たしかにGIFやツイートでの世界観を大切にされていますよね。」

上記のように考えた理由

ぼく「上記のように考えた理由とかってありますか?」

Aoyokoさん「独自性を持たせたり、買ってくれたファンの方に、その後も喜んでもらったり、今後の可能性を広げたりしたいからです。」

ぼく「やはり独自性を持たせることを意識しているんですね。ファンの方に喜んでもらうことでその後にもつながってきそうですよね。」

インタビューでもあったように、独自性や世界観を打ち出していくのもいいと思います。
設定があるNFTって、コレクターとしても楽しくてほしくなるものです。

Aoyokoさんの作品から独自性や世界観の出し方などを見てみるのも勉強になるのかなと思います。
>>>OpenSeaはコチラ

Aoyoko(@Aoyoko_NFT)さんご協力いただきありがとうございました!

 あとは行動するだけ

本記事を通じて、NFTアートを作るためのおすすめアプリから販売のコツまで解説しました。

しかしながら、ほとんどの方はここでページを閉じて終わりです。

ここで行動を起こしましょう!

NFTをこれから始める方は口座開設を済ませておきましょう!

NFTの売買をする際に仮想通貨が必要になります。初めて仮想通貨を始める場合は、Coincheckでの口座開設がおすすめです。
無料で口座開設できるので、サクッと済ませましょう!
>>>コインチェックはコチラ

Twitterでも質問を受け付けていますので、お気軽にご質問ください!
>>>Twitterはコチラ