okablog Written by Ryohei Okazaki

【簡単】NFTアートの作り方を5つの手順で解説【初心者向け】

Crypto NFT

NFTアートを作りたい人「NFTアートを作ってみたいけどやり方がわからない…。初心者にもわかりやすいように解説してほしい。

こういったお悩みに答えていきます。

この記事を書いている僕は、NFTの売買を最前線で体験しています。

記事の前半では「NFTアートの作り方」を解説しつつ、記事の後半では「売れるNFTをつくるためのマーケティングの方法」について具体的に解説していきます。

この記事を読み終えることで「NFTアートの作り方」が理解できるだけでなく「具体的な販売方法」まで理解することができます。

NFTアートの作り方を5つの手順で解説

手順は下記のとおり。

  •  手順①:取引所で口座開設
  •  手順②:ウォレットの設定
  •  手順③:OpenSeaの設定
  •  手順④:NFTアートの制作
  •  手順⑤:コインを購入&送金
  •  手順⑥:NFTアートを出品してみよう

それぞれみていきましょう。

手順①:取引所で口座開設

  1. コインチェックの公式サイトを開く
  2. 会員登録をする(メールアドレスとパスワードの設定)
  3. SMS認証をする
  4. 二段階認証の設定
  5. 本人確認の手続き

本記事では「コインチェック 」で口座開設していきます。

なぜなら、使いやすくて無料で口座開設できるから。

具体的には「操作方法が簡単」「豊富な種類の仮想通貨がある」「無料で口座開設できる」などのメリットがあります。

国内の取引所なら大きな違いはありませんが、個人的にコインチェックがおすすめです。

詳しくは「【簡単】コインチェック口座開設方法を5つの手順で解説【完全初心者向け】」で解説しています。

>>>コインチェック公式サイトはこちらから

手順②:ウォレットの設定

  1. メタマスクのダウンロード
  2. パスワードの設定
  3. シードフレーズの設定

メタマスクとは、暗号資産のWeb上で使えるウォレットです。
お金を財布で管理するように、暗号資産の管理はウォレットでします。
簡単にいうと「ウォレット=暗号資産の財布」といったイメージですね。

メタマスクのメリットは「初心者でも簡単」「OpenSeaと連携可能」「無料で使用可能」といった感じ。

メタマスクの設定はすぐに終わりますので「メタマスクの使い方を12枚の画像を使って徹底解説【完全初心者向け】」を参考にしてみてください。

手順③:OpenSeaの設定

OpenSeaは、世界最大級のNFTマーケットプレイスです。

OpenSeaのメリットは「無料かつ簡単にNFTを作れる」「日本語にも対応」「ロイヤリティなどの細かい設定が可能」といった感じ。

OpenSeaの設定も簡単ですので、サクッと済ませましょう。
手順としては、OpenSeaにメタマスクを接続させるだけです。

詳しい手順は「【簡単】OpenSeaでNFTを始める方法【購入・販売方法まで徹底解説】」で解説しています。

手順④:NFTアートの制作

つぎにNFTアートを制作していきましょう。

NFTアートを制作するにあたって、市場のリサーチをしましょう。
これは、イケハヤさんも仰っていました。

ものを売るうえで顧客の特徴やニーズを知っておくことは必須だと思いませんか?
僕は重要だと考えています。
もちろん、顧客のニーズに引っ張られすぎるのもよくないです。

「顧客のニーズ」と「自分の伝えたい世界観」のバランスが重要ですね。

また、NFTアートを制作するうえでおすすめのツールも紹介しておきます。

おすすめのツールは下記のとおり。

  • Pixelable(ドット絵)
  • Procreate(Ipad向き)
  • illustrator(本格派)

初心者の方は「Pixelable」や「Procreate」などから簡単に始めてみるのがおすすめです。
まずは体験してみましょう!

手順⑤:コインを購入&送金

購入するコインは「イーサリアム(ETH)」です。

コインチェック のアプリから簡単に購入することができるので、初心者でも安心です。

このあたりの詳しい手順については「【簡単】コインチェックからメタマスクに送金する方法【購入方法も解説】」で解説しています。

手順⑥:NFTアートを出品してみよう

  1. OpenSeaのトップページにいく
  2. OpenSeaにコレクションをつくる
  3. コレクション情報の入力
  4. 作品をアップする
  5. 価格設定
  6. NFTの発行

1.OpenSeaのトップページにいく

まずOpenSeaのトップページにいきます。
「人のアイコン→My Collections」をクリック。

つぎにメタマスクにパスワードを入力してログインしましょう。

このときにネットワークの確認をしてください。

2.OpenSeaにコレクションをつくる

My Collectionsをクリックするとメタマスクが開くので「署名→接続」とクリック。
するとコレクションの画面に移動します。
「Create a collection」をクリックすると設定画面が開きます。

設定項目をすべて入力していきます。

  • Logo image
    →コレクションのアイコンになります。
  • Featured image
    →コレクションのラベルのようなもの
  • Banner image
    →コレクションページのヘッダー部分

これらを入力していきましょう。

  • Name
    →コレクションの名前
  • URL
    →コレクションのURLを設定
  • Description
    →コレクションの説明文

なお、「Name」と「URL」はほかの人と同じ名前を付けられないので早いもの勝ちです。
お気に入りの名前は早めに取得しておきましょう。

  • Category
    →コレクションのカテゴリー
  • Links
    →各SNSのリンクを貼れる
  • Royalties
    →ロイヤリティをパーセントで設定
  • Your payout wallet address
    →アドレスを入力

アドレスを入力する際はメタマスクを開いて「上記画像の四角で囲われている部分をクリックしてコードをコピー→Your payout wallet addressに貼り付け」といった手順。

このときにアドレスを1桁でも間違えると、売り上げが入ってこないので注意しましょう。

  • Blockchain
    →どのブロックチェーンにNFTを発行するかを選択します。
  • Payment tokens
    →なにで支払いを受けるかを設定します。

初心者の方はブロックチェーンを「Polygon」に設定するのがおすすめです。

理由は、ガス代(手数料)が安いから。

Polygonで取引したい方は「【簡単】ポリゴン(Polygon)上のOpenSeaでNFTを購入する方法」で解説しています。

  • Display theme
    →作品の並び方の設定です。お好みで変更しましょう。
  • Explicit & sensitive content
    →過激な作品でない場合はそのままでOKです。

すべて入力が完了したら「Create」をクリック。

作品をアップする

「Create」をクリック。

 作品情報を入力していきましょう。

  • image,Video,Audio,or 3D Mokel
    →出品したい画像を載せましょう。
  • Name
    →作品の名前です。
  • External Link
    →この作品について説明したサイトのURLを貼る部分。
  • Description
    →作品の詳細説明。
  • Collection
    →作品のカテゴリ分けができる
  • Properties
    →グループ分けができる
  • Levels
    →ステータスを決められる
  • Stats
    →統計情報が設定できる
  • Unlockable Content
    →作品の所有者以外に見えなくする設定
  • Explicit & Sensitive Content
    →刺激的な作品かどうか
  • Supply
    →作品の供給量
  • Blockchain
    →NFTを出品するブロックチェーンを選択

入力が完了したら「Create」をクリック。

上記の画面がが表示されたら完了です。

価格設定

つづいて、NFTに価格をつけていきましょう。

画面右上の「Sell」をクリック。

  • Type
    →固定の価格かオークションかを選択
  • Price
    →価格を入力。
  • Duration
    →期間を入力

すべて入力したら「Complete listing」をクリック。

つづいて「Unlock」をクリック。
メタマスクが開くので、進めていきましょう。

NFTの発行

さいごにNFTの発行をしていきます。

NFTアートを販売するためには、はじめにOpenSeaのアカウントを初期化する必要があります。
アカウントを初期化するためにはガス代(手数料)を払うことで、サービスを利用できるようになります。

このあたりは必要経費なので割り切っていきましょう。
※にしても高すぎる…(笑)

30分から60分ほど待つと、NFTが発行されます。

このように表示されたら完了です。
おつかれさまでした。

出品後にやるべきこと【マーケティングをしよう】

マーケティングの手順は下記のとおり。

  1. マーケティングリサーチ
  2. 供給のコントロール
  3. 日々の発信
  4. コミュニティの運営
  5. 二次創作の推進
  6. 国内外への営業活動
  7. 話題になるキャンペーンの実施

NFTコレクションの運営には、マーケティングのスキルは必須です。これは、イケハヤさん自身も仰っていました。

詳しくは「【2021年最新版】コレクター目線から見たNFTマーケティングを解説【クリエイター向け】」で解説しています。

参考:有名なコレクションを見てみよう

成功しているNFTの特徴

  • 他とちがう付加価値をもっている(歴史的価値など)
  • マーケティング力が高い
  • 作品の品質が高い

Crypto Punks

CryptoPunksは世界最古のNFTとして価値を高めています。
はじめて見たときは「なんだこれ」といった感じでしたが、今では憧れのNFTです。

>>>OpenSeaはこちら

Crypto Ninja

CryptoNinjaはイケハヤ(@IHayato)さんとリツ(@rii2_4)さんが運営している日本最大級のNFTコレクションです。

CryptoNinjaはコミュニティ要素やSNSでの盛り上がりによって価値を高めています。
イケハヤさんのマーケティングスキルとリツさんのイラストが最強のNFTです。

>>>OpenSeaはこちら

WAKA’s Illustration

WAKA’s IllustrationはWAKAさんが運営している今勢いのあるNFTコレクションです。
特徴は、十二支や星座などの統一感のあるコレクションを展開することで「全部集めたい」というNFTコレクターの心をくすぐるような作品という点です。
圧倒的な画力にも注目ですね!

>>>OpenSeaはこちら

まとめ

NFTアートの作り方は下記のとおり。

  •  手順①:取引所で口座開設
  •  手順②:ウォレットの設定
  •  手順③:OpenSeaの設定
  •  手順④:NFTアートの制作
  •  手順⑤:コインを購入&送金
  •  手順⑥:NFTアートを出品

2021年現在、NFT業界への参入はまだいけると考えています。
あなたのNFTコレクションの成功を祈っています!

Twitter上で質問も受け付けていますのでお気軽にご連絡ください。
>>>Twitterはこちら