okablog Written by Ryohei Okazaki

【簡単】OpenSeaの始め方を初心者向けにわかりやすく解説【購入・販売方法まで解説します】

Crypto NFT

NFTを売買したい人「OpenSeaでNFTをさわってみたいけど、やり方がわからない。そもそも、NFTやOpenSeaについてもよくわからない…。」

こういった疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • そもそも、NFTとは?
  • OpenSeaでNFTの売買を始める手順
  • OpenSeaでNFTを販売する手順

この記事を書いている僕は、日常的にメタバースで遊んでいます。

また、メタバースに関する情報発信もしているので、ある程度信頼性はあるかなと。

それでは、見ていきましょう!

そもそもNFTとは?

非代替性トークン(ひだいたいせいトークン)、NFT: non-fungible token、ノンファンジュブル・トークン)とは、ブロックチェーンと呼ばれるデジタル台帳上のデータの単位である。その名の通り、各NFTはユニークな(唯一の)デジタルアイテムを表すことができるため、他のトークンで代替することはできない。
Wikipedia

上記は、Wikipediaから引用したものです。

少し難しいので、簡単に説明すると「所有権がデジタルデータ化されたもの」です。

デジタルで、この作品の持ち主は自分だと言える仕組みという感じですね。

NFTは、アートやイラスト、ゲームのアイテムなど、唯一無二の価値を持っていることを証明できます。

OpenSeaの特徴

引用:https://opensea.io/
  • 無料かつ簡単にNFTを作れる
  • さまざまなブロックチェーンに対応している
  • ロイヤリティなどの細かい設定が可能
  • 日本語にも対応

それぞれ、詳しく見ていきましょう!

無料かつ簡単にNFTを作れる

OpenSeaでは、パソコン1台があれば、NFTを誰でも簡単に作成することができます。

しかも、無料で制作できるので、挑戦しやすいですよね。

ほかのプラットフォームでは、有料のところもあるので大きなメリットだと思います。

さまざまなブロックチェーンに対応している

OpenSeaは、「イーサリアム」「Matic」「Klaytn(クレイトン)」「Tezos(テゾス)」などのブロックチェーンに対応しています。

とはいえ、最初のうちは「イーサリアム」と「Matic」を押さえていけばOKですね。

ロイヤリティや販売方式などの細かい設定が可能

OpenSeaでは、ロイヤリティや販売方法などの設定が可能です。

ロイヤリティとは「二次創作したときに、NFTの制作者にお金が支払われる仕組み」です。

ロイヤリティは、転売などにも適応されるのでクリエイターの方には、ありがたい仕組みですよね。

つぎに、販売方式について解説していきます。

OpenSeaの販売方式には「固定価格」「オークション」「グループ販売」の3種類から設定可能です。

自分にあった販売方式を探してみましょう。

日本語にも対応

OpenSeaは、日本語に対応しているのもうれしいポイントですよね。

基本的な操作は、日本語対応しているので安心です。

OpenSeaの始め方を6ステップで解説

NFTの売買を始める手順は以下のとお

それでは、詳しく見ていきましょう。

手順①: コインチェックで口座開設

まずは、国内の取引所で口座開設をしていきましょう。

おすすめは「コインチェック」です。

理由は「初心者でも使いやすいデザイン」「取り扱っている通貨の種類が多い」「日本円から暗号資産を購入できる」といったメリットがあるからです。

口座開設がまだの方は「【簡単】コインチェック口座開設方法を5つの手順で解説【完全初心者向け】」を参考にして口座開設をしておきましょう。

口座開設は簡単なので、サクッと済ませたい方は下記からどうぞ!

>>>コインチェック公式サイトはこちらから

手順②:コインチェックでイーサリアムを購入

つぎに、販売所でイーサリアムを購入していきましょう。

手順としては「日本円を入金→イーサリアムに変換」といった感じ。

そこまで難しくないと思います。

>>>【簡単】コインチェックでイーサリアムを購入する方法【購入後の運用方法まで解説】

手順③:メタマスクに送金

メタマスクの設定がまだの方は、こちらの記事から読んでください!

>>>メタマスクの使い方を12枚の画像を使って徹底解説【完全初心者向け】

それでは、送金方法を解説していきます。

コインチェックにログインして、必要情報を入力していきます。

「新規宛先」のところは「メタマスクを開く→下記画像の部分をクリックでコピー→そのまま貼り付け」でOKです。

注意点:新規宛先を間違えるとすべて消えます。しっかり確認して送金しましょう。

手順④:OpenSeaに登録

OpenSeaの登録も簡単です。

四角で囲われているアイコンをクリックして、アカウントを作成します。

続いて、「Settings」をクリックしましょう。

そして、OpenSeaとメタマスクを接続させたら登録完了です。

手順⑤:OpenSeaでNFTを購入

ようやく準備が完了しました。ここからNFTを購入していきましょう!

購入方法は、これから解説していきます。

【OpenSeaの始め方】OpenSeaでNFTを購入する方法

OpenSeaでNFTを購入する手順は以下のとおり

  • 手順①:NFTを検索する
  • 手順②:欲しいNFTを決めて決済する

それでは、購入手順を詳しく見ていきましょう。

手順①: NFTを検索する

OpenSeaの公式サイトへ行き、検索バーから検索していきましょう。

下記画像のように、ランキングから探すことも可能です。

僕の場合は、Twitter上で情報収集して、良さそうなNFTを検索して探しています。

まずは、楽しみながら探してみましょう!

手順②: 欲しいNFTを決めて決済する

欲しいNFTが決まったら、実際に購入していきましょう。

「Buy now」をクリック。

チェックをいれて次へ。

金額を確認して「Confirm checkout」をクリック。

「Sign」をクリック。

「署名」をクリック。

これで購入完了です!

おつかれさまでした!

購入したNFTを確認する方法

つぎに、購入したNFTを確認していきます。

トップページから「右上のアイコン」をクリック。

すると、プロフィールのぺージにいくので「Collected」に購入したNFTが表示されればOKです。

購入したNFTをTwitterのアイコンにする方法

さいごに、NFTをTwitterのアイコンにする方法を解説していきます。

特別な手順は特にないので、サクッと進めていきます。

手順は、普通の画像と同じで「スクショ」or「画像として保存」でOKです。

あとは、Twitterのアイコンに設定するだけです。

OpenSeaでNFTを販売する手順【販売方法を解説】

OpenSeaでNFTを販売する手順

  • 手順①:NFTを準備
  • 手順②:NFTを選択
  • 手順③:NFTの出品情報を入力
  • 手順④:マーケティング

販売手順の詳しい解説は「【簡単】NFTアートの作り方を5つの手順で解説【初心者向け】」で解説しています。

初心者におすすめのNFTの始め方

結論、ポリゴンのブロックチェーンで始めるのがおすすめです。

理由は「ガス代(手数料)がかからない」からです。

僕の経験として、イーサリアム上でお手頃なNFTを購入しようとしたところ「欲しいNFTよりもガス代のほうが高かった」ということがありました。

そのくらいイーサリアムのガス代って高いんです。

そのため、最初のうちは、ガス代のかからないポリゴンでの取引をおすすめしています。

>>>【簡単】ポリゴン(Polygon)上のOpenSeaでNFTを購入する方法

まとめ【OpenSeaの始め方・NFTの販売方法をおさらい】

さいごに今回のおさらいをして終わりましょう!

  • OpenSeaは世界最大規模のNFTマーケットプレイス
  • NFTは所有権がデジタルデータ化されたもの
  • 初心者はポリゴンでの取引がおすすめ

OpenSeaでNFTを購入する手順は以下のとおり

  • 手順①:NFTを検索する
  • 手順②:欲しいNFTを決めて決済する

OpenSeaでNFTを販売する手順

  • 手順①:NFTを準備
  • 手順②:NFTを選択
  • 手順③:NFTの出品情報を入力
  • 手順④:マーケティング

口座開設がまだの方はコインチェックがおすすめ

暗号資産を運用するには、取引所に口座開設をする必要があります。口座開設がまだの方は、コインチェックがおすすめです。僕もコインチェックを使っています。
>>>【無料】コインチェックの公式サイトはこちら