okablog Written by Ryohei Okazaki

メタマスクの使い方を12枚の画像を使って徹底解説【完全初心者向け】

Crypto

Web3.0について理解したい人「メタマスクってどんなことができるの?メタマスクの使い方を知りたいです。」

こういった疑問に答えていきます。

この記事を書いている筆者は、DeFiやNFTを運用する際にメタマスクを使用しています。
実際に使用する際の注意点などにも触れながら解説していきます。

口座開設がまだの方はコインチェックがおすすめ

暗号資産を運用するには、取引所に口座開設をする必要があります。口座開設がまだの方は、コインチェックがおすすめです。僕もコインチェックを使っています。

>>>コインチェックはこちらから

メタマスクってなに?【メリットとデメリットも解説】

メタマスクとは、暗号資産のWeb上で使えるウォレットです。
お金を財布で管理するように、暗号資産の管理はウォレットでします。
簡単にいうと「ウォレット=暗号資産の財布」といったイメージですね。

それでは、メタマスクの特徴をみていきましょう。

メリット

  • 初心者でも簡単
  • Open Seaと連携可能
  • 無料で使用可能

メタマスクは、日本語対応もされていて、初心者でも使いやすいサービスです。

導入方法も比較的簡単なのも、おすすめのポイントです。

初心者でも簡単

メタマスクは、他のウォレットと比べて初心者でも簡単に使うことができます。

理由は「日本語に対応している」「操作性がしやすいデザイン」といったメリットがあるからです。

直感的に操作が可能ですので、初心者でも安心して使用できます。

OpenSeaと連携可能

 最近、NFTという言葉をよく聞きますよね。

 そのNFTを販売している世界屈指のサイトが「OpenSea」です。

 NFTに興味のあるかたは、メタマスクを登録しておいて損はしないでしょう。

無料で使用可能

無料で気軽に始められるのも大きなメリットですよね。

メタマスクは、ウェブウォレットのため、無料で使用することができます。

初期費用がういたお金で、暗号資産を購入できるのもお得ですよね。

デメリット

  • 対応ブラウザに制限がある
  • ハッキングのリスクがある

デメリットについても詳しく解説していきます。

対応ブラウザに制限がある

メタマスクは、GoogleChrome、FireFoxでの利用が可能です。
これらは、ブラウザがメタマスクの拡張機能に対応しているからです。

今回は、GoogleChromeを使用して解説していきます。

ハッキングのリスクがある

メタマスクのようなウェブウォレットは、インターネットに接続するため、完全にハッキングのリスクがないとは言えません。

そのため、少額から始めることをおすすめします。
金額は徐々に増やしていきましょう。

メタマスクの設定手順

  • 手順①: メタマスクのダウンロード
  • 手順②: パスワードの設定
  • 手順③:シードフレーズの設定

手順①: メタマスクのダウンロード

まずは、メタマスクの公式サイトにアクセスしましょう。
>>>https://metamask.io/

メタマスクの偽サイトも確認されているので、注意しましょう。
上記のURLは安全です。

まずは、メタマスクの公式サイトにアクセスし、「Downlood now」をクリック。

つぎに「Install MetaMask for Chrome」をクリック。

するとchromeのウェブストアに移行されるので、「chromeに追加」をクリック。

ポップアップが表示されるので「拡張機能を追加」をクリック。

これでインストール完了です。

メタマスクを使うときには、画面右上の「拡張機能」をクリックすると使えます。表示させ続けたい人は「ピン留め」しておきましょう。

手順②: パスワードの設定

こちらの画面から「開始」をクリック。

つぎに「ウォレットの作成」をクリック。

「同意します」をクリック。

つぎにパスワードを入力したら完了です。
こちらのパスワードは、メタマスクにログインする際に必要なものですので、忘れないようにしましょう。

手順③:シードフレーズの設定

さいごにシードフレーズを確認していきます。
表示された12単語をメモ帳などに保管しておきましょう。このフレーズは、あなたの資産を守る鍵のようなものですので、必ず忘れないようにしましょう。また、絶対にほかの人に教えないようにしてください。

先程、メモったバックアップフレーズを入力して完了です。

これでシードフレーズの設定が完了しました。

これで、メタマスクの設定は完了しました。
おつかれさまです。

口座開設からNFTを売買するまでの手順

 
  • 手順①:国内取引所で口座開設(解説記事)
  • 手順②:メタマスクでウォレットの作成(今回の記事)
  • 手順③:OpenSeaに登録(解説記事)
  • 手順④:メタマスクに送金(解説記事)
  • 手順⑤:NFTの売買(解説記事)

ぜひ、参考にしてみてください!